RTM用シェーダー検証 2016年11月

  • 2016/11/17(木) 11:12:56

趣旨:
RealTrainMod利用環境でいい感じに使えるシェーダーを探す。




免責事項:
当記事はシェーダーの利用について取り扱ったものです。
・記事は編集者の主観に基づき編集されています。公平性は保証しません。
・利用の結果問題が起こったとしても、当方は関知しません。
・描画状況はご利用のPCによって変わる場合があります。
・当記事はプログラム等の書き換え/改造を勧奨するものではありません。
→シェーダーの改造は規約によっては禁止されている場合があります。
・各シェーダーを利用する際は、各シェーダーの規約を守ってください。





調査に関する補足:
・調査時間は若干ズレがありますが、概ねMinecraft時間で1000-2000を基準としています。
・車両は拙作の103系を使用しました。
・撮影地はRWBSola鯖です。
・一部動作不調のシェーダーに関しては、動作可能にする調整を実施しました。
・一部のシェーダーに関しては既に配布を終了しているか、バージョンアップが行われている場合があります。




調査実施環境:



+ FOV値 30
+ 描画距離 12チャンク
+ 車両描画距離延長 無し




今回の実施環境:






シェーダー比較:










































※ここから下はこけ(@koke_0702)氏の検証です。
 環境に関する状況等が異なります。
 ご了承ください。





(↓のツイート)
1枚目 SEUS11
2枚目 Sildurs Vibrant shaders 1.051 Ultra
3枚目 Werrus-Shaders
4枚目 Chocapic13 V5 Extreme




(↓のツイート)
1枚目 Continuum 1.2.2 PBR
2枚目 CUDA v5.0 ultra- Preview
3枚目 KUDA-Shaders v6.2.81 - Ultra







関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する