FC2ブログ

宝条帝都 派出列車(高速連装隊群)

  • 2021/04/04(日) 19:00:00

宝条帝都 派出列車(高速連装隊群)
(宝条工廠 各系列)


注意:

・このセットを使いたい場合、事前に宝条みちるへ利用許可の要請を行い、許可が出た場合のみ利用して下さい。
・当セットの収録品(車体、部品)を、他の車両・コンテンツへ流用することを禁じます。

・改造は原則禁止です。


とりあえず
このパックを使いたい人は
このページを下まで読んでから
利用申請をして下さい






車両パックのリリースです。
Please read Readme and PackRule!!
同封のReadmeをお読み下さい!

利用申請フォームはこちら

Downloadは許諾をお出しした方にTwitterDMにて引渡を実施します

動作にはRealTrainModが動作可能な環境が必要です。
問題が見つかった・不手際があった等の場合は消えます。




宝条工廠 HT8200系:
HT8200系に関する詳細な説明等は原型車のページを参照

900.png
第900吾平高速連装実験団(混成第900宝条工廠実験大隊)貸出不可
こちらの車両は、今後更なるアップデートが予定されています。



904.png
第904吾平高速連装実験隊(The Cannon-Baller)貸出不可
こちらの車両は、原則として貸し出しを行っておりません。



1024.png
第1024帝都高速連装隊(Ahkrin)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。




セット内容:

・宝条工廠 HT8200系
 ・ご指定の隊の特別塗装編成 1編成分




宝条工廠 HT1100系:
HT1100系に関する詳細な説明等は原型車のページを参照



1001_20210404151030418.png
第1001帝都高速連装隊(DAZZLE)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1004_20210404151031307.png
第1004帝都高速連装隊(Imperial)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1005.png
第1005帝都高速連装隊(Hungry boy)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1006_20191227234608a2d.png
1006_2_20191227234609b38.png
第1006帝都高速連装隊(Freude) ※画像にはスペル間違いあり 本体では修正済み
※この部隊のみ特別編成が5塗装所属・同梱
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1008.png
第1008帝都高速連装隊(Elegant Lady)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1011.png
第1011帝都高速連装隊(Red Rabbit)瀬田電鉄へ引渡済
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


1013.png
第1013帝都高速連装隊(ダックスフンドシ)貸出不可
こちらの車両は、原則として貸し出しを行っておりません。



1014.png
第1014帝都高速連装隊(オオカジキ)東桜旅客鉄道へ引渡済
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。



1023_20191227005404974.png
第1023帝都高速連装隊(CHANDELIER - シャンデリア)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。



1025.png
第1025帝都高速連装隊(SOLAR RAY)入来管区反乱部隊
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。



1028.png
第1028帝都高速連装隊(帝国電電公社)
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。



1029_2.png
第1029帝都高速連装隊(STRIKER)綾崎管区反乱部隊
※この部隊のみ特別編成が5塗装所属・同梱
詳細な説明はダウンロードされた方にのみお渡ししております。


セット内容:

・宝条工廠 HT1100系
 ・宝条帝都標準色
 ・ご指定の隊の特別塗装編成 1編成分




利用許可制についてとその基準

当キットは、利用を希望するユーザーが宝条みちるへ利用許可を申請し、
許可が出た場合にのみお使い頂ける形をとっております。
許可の基準としては、

・RTM/Minecraftにおける安定した活動実績
 (複数のスクリーンショット、動画など)
・自前の架空鉄道団体を持っている
・HTシリーズの車両を1形式以上導入している
・過去に利用拒否、許諾取り消し、条件付許可を受けていない
・2社以上との直通運転を実施している(直接鉄軌道が接していない乗り入れでも可)
・4両以上の両数単位で編成を運用している
・ほか、宝条みちるの匙加減などの政治的事情

が挙げられます。その他諸々ありますが、正直宝条みちるの匙加減次第です。
審査にあたっては、広報性、HTシリーズ普及への貢献度等を重視します。
許可は申請が確認出来次第交付します。
複数名が同じ隊を申請した場合、宝条みちるの匙加減で引渡隊を決定します。



※下記の場合にはパックのご利用をお断りする場合がございます。
・公序良俗に反する目的に用いることが予測される場合
・名誉等を毀損する目的に用いることが予測される場合
・ルールを遵守した利用が困難な方であると予測される場合
・意思疎通が困難であるか、支障を感じる場合
・利用がブランドイメージの毀損に繋がると考えられる場合
・その他、宝条みちるが不適切であると考えた場合






利用までの流れ

1. 許諾を申請する
 →利用申請フォームはこちら


2. 利用許可が降りる
 →同時に、Twitterを通して車両が引き渡されます。



3. 引渡し車両が駐在する車庫を建設する。
 →通常色4編成以上と、特別隊色1編成が駐在できることが望ましいでしょう。
 →宝条帝都車専用の車庫としてください。
 →宝条帝都から派遣される職員の詰所、寮、車両の検修設備があると完璧です。


4. 運用を開始する。
 →貴社車両と混ぜて運用しても楽しいでしょう。
 →スクショに使っても、動画に使ってもOKです。
 →必要があれば、同封の設定資料もお使い下さい。


また、当パックには特別ルールが適用されます。

・当パック収録車両の改造は原則禁止です。
 但し、保安装置の増設、幕の差し替え等小規模な内容に限り許諾をお出しします。
・当パック収録内容の第三者への譲渡を禁じます。












冬嶺(@fuyuzero)様、車体をお借りしました。
meitetsu600V(@meitetsu600V)様、車体や台車や素材をお借りしました。
山城タカミ(@takami347)様、素材等をお借りしました。
秋豆(@akimame0424)様、撮影にご協力いただきました。
ありがとうございます。



アップデート履歴:
2018/10/03 v1.0公開
2019/04/14 1008隊と1013隊を追加
2019/05/17 1023隊を追加
2019/10/24 1005隊を追加
2019/12/27 1006隊を追加
2020/07/13 900隊・904隊・1024隊を追加
2021/02/20 1025隊・1028隊を追加
2021/04/04 1029隊を追加

スポンサーサイト



宝条工廠 HT8200系(キット・塗装済み完成品)

  • 2020/07/13(月) 19:30:00

宝条工廠HT8200系(キット・塗装済み完成品)
(宝条工廠 HT8200系)

HT8200.png

モデルの改造・配布について:

・このキットを使いたい場合、事前に宝条みちるへ利用許可の要請を行い、許可が出た場合のみ利用して下さい。
・当キットの収録品(車体、部品)を、他の車両・コンテンツへ流用することを禁じます。

・ベース車体(キット)の改造に関しては事前に連絡をお願いします。
・改造許可が出た場合にも、
 1. 利用元としての当キット及び当キット関係者クレジットの明記
 2. 利用社名を明記したボタンへのボタンデザイン変更及び関連各種IDの変更
 3. 完成品の提出(提出先)
をお願いします。


とりあえず
このキットを使いたい人は
このページを下まで読んでから
許諾申請をして下さい






車両キットリリースです。
Please read Readme and PackRule!!
同封のReadmeをお読み下さい!

改造許可申請フォームはこちら

スクリプト搭載キットのDownloadはこちら
※改造内容によっては若干のスクリプトの知識を要します
スクリプト無しキットのDownloadはこちら
塗装済み完成品のDownloadはこちら
※完成品については改造禁止



当キットは、加工を希望するユーザーが宝条みちるへ利用許可を申請し、
許可が出た場合にのみお使い頂ける形をとっております。
許可の基準としては下記の細則もございますが、
RTM/Minecraftにおける安定した活動実績
(複数のスクリーンショット、動画など)
をお持ちであることが基本的な条件となっています。
※下記の場合にはキットのご利用をお断りする場合がございます。
・公序良俗に反する目的に用いることが予測される場合
・名誉等を毀損する目的に用いることが予測される場合
・ルールを遵守した利用が困難な方であると予測される場合
・意思疎通が困難であるか、支障を感じる場合
・利用がブランドイメージの毀損に繋がると考えられる場合
・その他、宝条みちるが不適切であると考えた場合


動作にはRealTrainModが動作可能な環境が必要です。
問題が見つかった・不手際があった等の場合は消えます。





宝条工廠 HT8200系:
HT8200 (1)
HT8200は、前頭構造が特徴的な優等型車両です。

HT8200 (2)
パンタグラフはjsonを少し書き換えるだけでW51にも標準にも対応します。
今回は最初から両方ご用意しました。

HT8200 (3)
台車は水音車両製DT77を艤装。

HT8200 (4)
尾灯は排障器部分が点灯します。

HT8200 (5)
HT8200 (6)
HT8200 (7)
HT8200 (8)
HT8200 (9)
HT8200 (15)
HT8200 (16)


HT8200 (17)
冬嶺様よりご提案頂いた第1の試案塗装編成です。
落ち着いた色彩にまとまっており、どこを走っても違和感のない存在となるでしょう。
HT8200 (18)
HT8200 (19)




HT8200 (10)
冬嶺様よりご提案頂いた第2の試案塗装編成です。
カラフルな外見がなによりの特徴です。
遠くからでもよく目立つことでしょう。
HT8200 (11)
HT8200 (12)
HT8200 (13)
HT8200 (14)








HT8200:
20m級の優等型車両。
特急または急行、ライナー運用への充当を
目的として設計されており、設計最高速度160km/hと
優等運用に遜色のない性能を誇る。
船舶様の前頭部が特徴。
分割併合は可能だが、前面に貫通扉がないため
編成間の移動はできない。
██████など諸事情で新車導入が
遅々として進まなかった宝条帝都鉄道において、
██・██方面への高速バスとの戦いは熾烈であった。
今回HT8200系はそうした並行交通機関への
対抗馬として製造されている。
船舶様の前頭部は高速化対策と同時に
踏切事故対策としても設計され、
運転台を高く置くことで運転士を事故から守る対策とし、
更に下部は鋼板で補強を施した流線型とすることで
障害物を線路外へ弾き飛ばす工夫とした。
万が一前頭部が座屈しても客席は更に後方にあるため、
客席への被害を最小限に防ぐことができる。
美しい流線型は宝条工廠本部では
製造能力を超えるものとして問題になり、
流線型の扱いに慣れている
冬嶺氏のもとへ発注することで解決した。
灯器は運転席直下へ前照灯2灯と排障器内部へ後尾灯2灯を設けた。
HTシリーズ伝統の細目横2列配置は
床下・尾灯化されることで継承されている。
床下2灯を前照灯・後尾灯兼用とする計画もあったが、
激しい降雨時等に前照灯の照射距離が
不足することが問題となり中止され、
前照灯2灯が運転台下へ設置された。
灯器のレイアウトについては試作型から量産まで
迷走したこともあり、内部配線は前頭部のあらゆる場所に
灯器が設置可能なよう設計されている。
先頭の連結器は車体構造上かなり前へ
せり出して設置されていたが、試運転中に運用側から
「格好が悪い」「風圧で勝手に曲がる」などと注文がつき、
電装を担当した山城車両によって
連結時に自動でせり出す構造となった。
そのため通常時はやや奥まった位置に存在し、
美観を損ねないようになっている。

車内は全席モノクラスとして設計されたが、
車内接客設備はハイグレード仕様として造設された。
これは前述の並行交通機関への対抗を意識したものである。
車内接客設備は近時の特急車両を大いに参考としたものを設計、
装着したほか、山城車両によって座席の自動回転機能が装備され、
終着駅での作業時間短縮に大いに役立っている。

台車は高速運用に耐えるべく、水音車両へDT77を新規発注している。

車内構造は基本的にどの車両も同一であるが、
内装材(椅子など)を交換することで容易に車両グレードを変更できるよう、
窓割はなく大型窓ガラスをそのまま取り付ける方式を採用している。
このため窓ガラスの調達コスト他系列と比べて比較的高い。






セット内容:

・宝条工廠 HT8200系
※各セットに下記車両が付属します
 ・M1(電動車/PT付き)
 ・M1W51(電動車/W51規格PT付き)
 ・M2(電動車/PTなし)
 ・Mc(制御電動車)
 ・T(付随車)
 ・Tc(制御付随車)


冬嶺(@fuyuzero)様、車体をお借りしました。
山城タカミ(@takami347)様、スクリプト及び調整車体をお借りしました。
meitetsu600V(@meitetsu600V)様、台車をお借りしました。
秋豆(@akimame0424)様、撮影環境のご提供で協力頂きました。
ありがとうございます。



アップデート履歴:
2020/07/13 v1.0公開
2020/07/16 v1.1公開 スクリプトを差し替え
2020/07/22 v1.2公開 運転室後方の床に穴があった問題を修正

宝条工廠 HT3900(コンバージョンキット)

  • 2019/10/17(木) 01:28:00

宝条工廠HT3900系(コンバージョンキット)
(宝条工廠 水音車両車体3900系 コンバージョンキット)

3900 (1)


※このキットには、
床下機器・屋根上機器・台車、
走行化jsonは付属しません!


当セットは、水音車両(@minatosyaryo)様公開の車両キット
水音標準nA型をベースとした
コンバージョン(改造)キットです。
当車両キットはそのままでは走らせられません。
完成させるにはそれなりの3D加工の知識を要します。
水音標準nA型をベース車体とし、当キットでコンバージョンを図る場合には、
両者の規約を遵守していただくよう宜しくお願いいたします。





モデルの改造・配布について:

・このキットを使いたい場合、事前に宝条みちるへ利用許可の要請を行い、許可が出た場合のみ利用して下さい。
・当キットの収録品(車体、部品)を、他の車両・コンテンツへ流用することを禁じます。

・ベース車体(キット)の改造に関しては事前に連絡をお願いします。
・改造許可が出た場合にも、
 1. 利用元としての当キット及び当キット関係者クレジットの明記、権利関係の継承
 2. 利用社名を明記したボタンへのボタンデザイン変更及びIDの変更
 3. 完成品の提出(提出先)
をお願いします。


とりあえず
このキットを使いたい人は
このページを下まで読んでから
許諾申請をして下さい






水音車両製特殊車体パック加工品のリリースです。
Please read Readme and PackRule!!
同封のReadmeをお読み下さい!

改造許可申請フォームはこちら

Downloadはこちら




当キットは、加工を希望するユーザーが宝条みちるへ利用許可を申請し、
許可が出た場合にのみお使い頂ける形をとっております。
許可の基準としては下記の細則もございますが、
RTM/Minecraftにおける安定した活動実績
(複数のスクリーンショット、動画など)
をお持ちであることが基本的な条件となっています。
※下記の場合にはキットのご利用をお断りする場合がございます。
・公序良俗に反する目的に用いることが予測される場合
・名誉等を毀損する目的に用いることが予測される場合
・ルールを遵守した利用が困難な方であると予測される場合
・意思疎通が困難であるか、支障を感じる場合
・利用がブランドイメージの毀損に繋がると考えられる場合
・その他、宝条みちるが不適切であると考えた場合


動作にはRealTrainModが動作可能な環境が必要です。
問題が見つかった・不手際があった等の場合は消えます。





宝条工廠 HT3900系:
19.5m級両開3扉の量産車。裾絞り無し。
車体断面は水音標準A型と共通。
床下装置各種および台車、
パンタグラフ類は運用中の水音標準A型から流用する。
ロングシートの水音標準A型を運用していながらも、
車両を更新する体力(資本力)がない、
また車両の一斉置き換えに抵抗のある事業者向けに設計された。
車体のみが更新可能であり、部分的なアコモデーション改善、
信号装置更新対応、運転環境の改善などを目的として投入することができる。
鋼製車・ステンレス車どちらにも組成可能。
また、電動車は水音標準Aを流用し、付随車のみ新車体化することや、
先頭車のみを更新することも可能である。
3900 (1)
3900 (2)
3900 (3)
3900 (4)
3900 (5)
3900 (6)




セット内容:

・宝条工廠 HT3900系
 車体だけ


meitetsu600V様、車体や素材をお借りしました。
ありがとうございます。



アップデート履歴:
2019/10/17 v1.0公開

宝条帝都鉄道 デ1000(アジ電車)

  • 2018/11/07(水) 22:13:24

宝条帝都鉄道 デ1000(アジ電車)
※オリジナル車両
車両横判011





・当Packの改造、再配布は禁止です。
・Don’t change, Don’t reproduction.
・禁止轉載・禁止私自改造此Pack.
・禁止轉載・禁止转发改造此Pack.
・전재・복제・개조 는 금지입니다.
・Нельзя перепечатка,
 копирование,
 ремоделирования.





・注意事項
1. 当たり前のことですが、当パック収録車体へ記載の内容はあくまでジョークです。
  分別のないお子様、分別をつけられない大人の方のご利用はかたくお断りします。
2. 当パックは良いPC環境の整備推進をPRするものであり、
  何かしらを強制、脅迫するものではありません。
  同様にして、上記等目的に当パックを用いないでください。
3. 当パックは実在する思想、団体等とは一切関係ございません。





RealTrainMod用の追加車両のリリースです。
Please read Readme (in Pack) and PackRule ( JP_EN_CN ) !!
同封のReadmeをお読み下さい!



Downloadはこちら

パスワード



原型車であるデ1000(車両キット)はこちら
横版11







動作にはRealTrainModが動作可能な環境が必要です。
問題が見つかった・不手際があった等の場合は消えます。




宝条帝都鉄道 デ1000(アジ電車):
v1.0
デ1000 (1)
デ1000 (2)
デ1000 (3)
デ1000 (4)
デ1000 (5)
デ1000 (6)
デ1000 (7)
デ1000 (8)




収録車両について:



・収録内容
 このセットには以下の車両(合計7種類)が収録されています。
 ・デ1000(制御車)
 ・デ1000(付随車/電装予備車)※通常/破損形態差分あり
 ・デ1000(制御電動車)
 ・デ1000(電動車)
書いてあるアジテーション(扇動文)は車両により異なります。


・編成の組み方
車両は基本的に1両単位で電動車になります。
編成内車両数に対して、電動車が半分以上を占めるように組成してください。

←鬼塚・勅使河原   御崎・入来・綾崎→
[Tc+M+T+Mc]+[Tc+M+T+M+T+Mc]
[Tc+M+Mc]




各種灯器の点灯に対応しています。
室内灯の点灯にも対応しています。


※室内灯の点灯jsonが組み込まれておりますが、過去版でも正常に動作することを確認しています。



モデルの改造・配布について:
・モデルの改造及び改造品の配布等に関しては事前にご相談下さい。



更新履歴:
2018/11/07 v1.0公開



※スクリーンショット、動画等にご利用の際はお知らせ頂けると紹介できます。

Takami様、TrainKitをお借りしました。
meitetsu600V様、台車をお借りしました。
ありがとうございます。

宝条工廠 HT1100系(キット+専用パーツ)

  • 2018/08/24(金) 21:07:08

宝条工廠HT1100系(キット)
(宝条工廠 水音車両車体HT1100系)


モデルの改造・配布について:

・このキットを使いたい場合、事前に宝条みちるへ利用許可の要請を行い、許可が出た場合のみ利用して下さい。
・当キットの収録品(車体、部品)を、他の車両・コンテンツへ流用することを禁じます。

・ベース車体(キット)の改造に関しては事前に連絡をお願いします。
・改造許可が出た場合にも、
 1. 利用元としての当キット及び当キット関係者クレジットの明記
 2. 利用社名を明記したボタンへのボタンデザイン変更及びIDの変更
 3. 完成品の提出(提出先)
をお願いします。


とりあえず
このキットを使いたい人は
このページを下まで読んでから
許諾申請をして下さい






水音車両製特殊車体パック加工品のリリースです。
Please read Readme and PackRule!!
同封のReadmeをお読み下さい!

改造許可申請フォームはこちら

Downloadはこちら

HT1100系(宝条急行・宝条帝都鉄道色)塗装済完成品のDLはお問い合わせ下さい


当キットは、加工を希望するユーザーが宝条みちるへ利用許可を申請し、
許可が出た場合にのみお使い頂ける形をとっております。
許可の基準としては下記の細則もございますが、
RTM/Minecraftにおける安定した活動実績
(複数のスクリーンショット、動画など)
をお持ちであることが基本的な条件となっています。
※下記の場合にはキットのご利用をお断りする場合がございます。
・公序良俗に反する目的に用いることが予測される場合
・名誉等を毀損する目的に用いることが予測される場合
・ルールを遵守した利用が困難な方であると予測される場合
・意思疎通が困難であるか、支障を感じる場合
・利用がブランドイメージの毀損に繋がると考えられる場合
・その他、宝条みちるが不適切であると考えた場合


動作にはRealTrainModが動作可能な環境が必要です。
問題が見つかった・不手際があった等の場合は消えます。





宝条工廠 HT1100系:
HT1100系は、HT3000系の派生にあたり、地上線向け通勤特化型として設計された車両です。
地下鉄線・短距離駅間路線向けのHT1600、
及びその廉価版HT1500に続いてリリースされるHT3000系列は、
『さらなる調達費用の抑制』、そして
『新世紀を征く私鉄通勤型』をコンセプトとして設計されました。
そしてその後発となるHT1100系は、
HT3000と多くの部分を互換する、さらなる派生パターンと言えます。

ベースとなるHT3000は水音車両が製作を受託し、
同社の車両ブランドである水音標準シリーズとの互換性を高めた車両です。
HT1100系ではこの車両を50cm伸展し、20m級車体としました。
また、扉数も3扉から4扉へと増強し、既存のHT1500/HT1600系との互換性を確保しています。
内装はロングシートを中心とした構成であり、通勤路線向けの構成になっています。
勿論、同梱の専用改造パーツを使って、各社様でオリジナルの構成とすることも可能でしょう。
調達費用はHT3000と比べるとやや割高です。




※緑色は塗装済完成品
HT1100 (1)
HT1100 (2)
HT1100 (3)
HT1100 (4)
HT1100 (5)
HT1100 (8)






セット内容:

・宝条工廠 HT1100系
 ・HT1100(PT付き先頭車)
 ・HT1100(中間車)
 ・HT1100(PT付き中間車)
 ・HT1100(先頭車)


meitetsu600V様、車体や台車や素材をお借りしました。
ありがとうございます。



アップデート履歴:
2018/08/24 v1.0公開